私達曲接骨院は、国家資格で定められた柔道整復師として、本来の「ほねつぎ」としての自覚をもって健康保険のもとでの急性、亜急性の外傷にたいし、真摯に施術にあたっています。

  

骨折、  脱臼 (応急対応と外科後療法)    
 
捻挫  打撲  挫傷(筋ちがい、肉ばなれ)  
 
ぎっくり腰、  寝違い、 突き指  スポーツ外傷 等々

 

協力病院のご指導のもと、伝統的なほねつぎの技法と最先端の技術を組み合わせ、一人ひとりの患者様に対して、的確に誠実に対応していくよう心がけています。テーピングや包帯固定はもちろん、関節や筋肉のわずかな異常も見逃すことなく整復に努め、生理冷却法などを駆使して患者様の一日も早い回復と社会復帰のお手伝いをさせていただいております。

 

 

曲接骨院の実践している治療のもう一つの柱として「視点を変える治療」があります。

 

私達曲接骨院は、現代の整形外科及び一般医療の間で残された「隙間」を埋めるための施術をしていこうと考えております。

 

緊急や必要不可欠な手術、生命の危険を伴うような医療の対応が必要なケースでは、当然、私達柔道整復師は無力であり、それぞれの専門の先生方の高度な診断と治療法にお任せするしかありません。また、一過性の単純な原因や軽度な症状において、消炎鎮痛剤の服用や、ブロック注射などによって治癒する場合は、特別な考え方や複雑な技法を用いることなく、一般的なマニュアル通りの手段で十分対応可能です。

 

曲接骨院における本来の技術や特徴は、このように注射や薬で短期間によくなっていく方々と、緊急、重篤で高度な医療が必要な患者様の間で、迷い悩んでおられる方たちに対して、お役に立てるのではないかと考えています。

 

注射や薬ではよくならない。また一時的に楽になってもすぐに戻ってしまう症状。

電気治療やマッサージを繰り返していても、一向に良くならない症状

日々の仕事やスポーツ、介護などによって治療に専念することができず、すぐに再発、悪化してしまう状態。

膝や腰、肩、手の痛みなどで、もうこれ以上望むなら手術しかないといわれているけれど、何とか自分の力で努力して、もう一度健康な状態を取り戻したい方。

 
色々すべて検査したけれど、「特に悪いところはない」、「原因が不明」などと言われている方。

 

これらの状態で悩まれている患者様のために、この「視点を変える」対応をすることによって、解決の糸口が見つかるのではないか、そして曲接骨院がその回復のお手伝いができるのではないかと思っています。

 

視点を変える

 

現代の医療における一般的な根拠(EBМ)だけではなく、それ以外の別の方面からの科学的な根拠となりうることに目を向けて、少し違った方向からその症状にアプローチしていこうという考え方です。

 

関節のゆるみ、不安定性がもたらす潤滑不全と、それに続く熱蓄積、関節のわずかなアライメントの乱れから起こる機能不全。(詳細は整復する意義と根拠の項をご覧ください)
 
 
仙腸関節を中心とした骨盤環、脊椎、股関節をリンケージさせたロコモーションの考え方とそこから発生する諸問題と、それによる全身の影響に対する整復対応。
 
  
幼少期、あるいは数十年前から比較的新鮮なものまで含めた外傷(転倒や転落、スポーツ、交通事故など)の影響力の残存と、それに対しての詳細な探求とその除去。
 
  
 
重力下での立位と歩行の安定性(寝ている患者様ではなく、立って動いている人間としての平衡系を中心とした安定性)の問題に対する別の考え方。(姿勢やゆがみの問題)
 
 
筋肉における、新鮮または陳旧性の微細な損傷と、その残存する瘢痕の影響に対する詳細、確実な探求と筋線維層の平行性を目的とした整復。(筋性防御や、アナトミートレインなどによる広範囲への影響の波及も含めた対応、及びインナーマッスルに対する対応)(詳細は整復する意義と根拠の項をご覧ください)
 
気圧と温度変化を中心とした、気候や環境の変化による身体への影響とその対応(減圧による膨張と離開に対する危機反応)
 
  
 
自律神経を中心とした、脳と身体の関連と、その乱れに対する対応。いわゆるストレスの強い影響と心身症状。(詳しくは、こちら をご覧ください。)
 
 
 
所温度の熱コントロールと、発熱炎症反応や冷え現象に対する、違った角度からの物理的対応。
 
  
 
身体のもともと持っている自然治癒力を活性化させて、 有効に働かすための条件と、その考え方。 (詳しくは自然治癒力を活性化させるための3つの鍵の項をご覧ください。)
 
 
 
以上のように、少し「視点を変えた」、しかし科学的でかつ自然に沿った考え方によって、現在の医療の狭間で迷い、思い悩んでおられる患者様に対して、柔道整復師としての与えられた業務である、骨格系の整復と軟部組織の乱接損傷の整復にこだわり、これらを駆使して、少しでも皆様のお役に立ちたいと私達は願っています。

 

曲接骨院はシニアのスポーツを応援します

私達は、シニアの方々がスポーツをされることに対し様々な角度から応援させていただきたいと考えています。

 

年齢とともに徐々に今までのようにスポーツや習い事ができなくなってきた。

病院や家族にもうやめたほうが良いといわれている。

 

 

痛みや疲労、体調の問題でこのまま続けてもいいのかどうか悩んでおられるシニアの方々に,正しい体の手入れやコンディショニングの方法、問題に対する考え方などを知っていただくことで、まだまだ現役を続けることができると思います。

 

シニアのスポーツにおける大きな問題は、筋肉の耐久性の低下と、疲労の回復の遅れです。

 
また女性の場合は、軟骨の弱化により、衝撃吸収能力が低下することも大きな問題です。これらのことを踏まえて、痛くなったからやめるという選択ではなく、うまく身体の衰えと付き合いながら、やりたいスポーツを続けるために、身体のそれぞれの関節のコントロールやバランス調整、神経や血液循環の活性化などによって疲労回復を早めるとともに、様々な手入れの方法やアドバイスを通じて、スポーツを楽しんでいただくお手伝いができたらと考えています。

 

ダンス、日舞、テニス、ゴルフ、登山、マラソン、バレーボールなどその競技に即したそれぞれの対応を考え、もう少し現役を続けられるよう一緒に頑張っていきましょう。ぜひ私たちにお気軽に相談してください。

 

                                                                                                         

曲接骨院は子どもたちのスポーツを応援します

 
スポーツを頑張っている子どもたちが、本当にスポーツの楽しさを知って健康に安全に続けていくために、私達は力になりたいと考えています。

 

私達には、その子どもたちの骨格、関節を含めた身体バランスとそれによる神経と血液循環の問題点をスクリーニングや診察を通して知ることができます。これによって今の競技におけるそのお子さんの問題点の確認や、将来起こり得るスポーツ外傷の可能性まで、ある程度予測することができます。また成長痛と言われるような問題を想定した予防管理や対応処置をとることもできます。 

 

  

 

そしてスポーツ外傷や成長痛などによる問題が、同じ競技をしている同じ年頃のすべてに起こるわけではないこと。そしてその痛みや障害には、その子ども個人個人の様々な原因となる問題が存在していることに、私達は注目しています。そのうえでこれを防ぐための身体の正しいバランスの獲得と関節の柔軟性の改善に努めます。

 

またこのような身体のメンテナンスと共に、スポーツ心理学に則った子どもたちの心のケアーにも専門的に対応していきます。

 

痛みや障害に悩まされることなく、楽しくスポーツを続けられ、何年たってもそのスポーツを大好きでいられるよう、そして将来のスーパースターをダメにしてしまわないようにするための、お手伝いができればと私達は考えています。