季節の養生
 
 
 
このページでは、四季のある日本で、健康で充実した生活を送れるよう、その月に応じた健康情報をアップします。
 
 
 
 
季節の養生9月 
 

 

低気圧と台風

 

私たちが住んでいる日本列島は、夏から秋にかけて、多くの台風がやってきます。

特に最近は、地球温暖化の影響からか、大型の台風がいくつも上陸し、大きな被害を発生させています。台風とは、簡単に言うと極端な低気圧です。気圧とは、私達の身体の回りを包んでいる空気の圧力の事で、この気圧が急に下がる事によって、人間の身体には、いろいろな影響が発生します。飛行機で起こる、エコノミー症候群や、高山病・潜水病なども、気圧が急激に下がる事で起こる現象です。

 昔から病弱な人や、お年寄りの方々が、雨の降る前の日は、ふしぶしが痛くなったり、神経痛が調子悪くなったりするといわれるのも、気圧が下がっていくために起こっているのです。例えば930ヘクトパスカルの台風は、(1気圧が1013ヘクトパスカル)気分爽快な高気圧が1030ヘクトパスカルとして、台風との気圧差は100、約1割弱の気圧が下がる事になります。

即ち、私達の身体の回りの空気の圧力が1割下がる事になり、単純に言うと、身体は1割膨張しようとするわけです。もちろん、本当に1割ふくれるわけではありませんが、そのような減圧状態が起きるという事です。台風や、天気が急激に悪化した日、朝起きると顔がむくんでいたり、まぶたが腫れたり、指がこわばり、身体が変にだるくて起きにくかったりするのは、このためです。

地球上の動物は、身体が膨張すると、危険と感じるようにできていて、神経が過敏になり、前述のような様々な反応を起こします。(今話題の高圧酸素カプセルはこれとは逆に高気圧状態を作ります。)

 台風の時、身体の調子が悪くなるのは、程度の差があっても、誰もが感じている事であり、悩むようなことではありません。パニックにならず、できるだけ普段通りに生活し、台風が通り過ぎるのを、穏やかに待つことが大切です。