季節の養生
 
 
 
このページでは、四季のある日本で、健康で充実した生活を送れるよう、その月に応じた健康情報をアップします。
 
 
 
 
季節の養生7月 

クーラー病について

 

暑くなると、あちらこちらで冷房が入り始めます。

この冷房のおかげで、快適な環境を得ることができるのと引き替えに、人によっては、様々な体調不良の原因を作ることになります。

一般的にクーラー病と言えば、「冷え」による自律神経の不調が原因で、多くの症状が発生すると考えられています。

確かにそれも重要な問題です。「冷え」に関して言えば、物を売るという経済的な理由や、マスコミの話題として、冬に「冷え」を大々的に話題にされる傾向があります。しかし身体が寒さに対してある程度準備している冬よりは、むしろ冷えに対して無防備な夏の身体のほうが、冷えの影響が大きく働いてしまうと思われます。夏こそ、「冷え」に対する注意を怠らないようにしなければいけません。

しかし、本当のクーラー病というのは、単純に「冷え」から起こる問題だけではありません。本来四季のある日本では、夏、体を動かすときには、汗をうまくかけるように、毛細血管を広げるなど、発生した熱を身体の外へうまく放出できるように準備されています。ところが、冷房の効いた室内で労働したり、運動をしたりすると、汗をうまくかくことができないため、汗によって放出されるべき熱が身体の中に残ってしまいます。最近マスコミでも取り上げられるようになった深部熱といわれるものです。これらのうつ熱が、通常の「冷え」だけでは起こり得ないような強い炎症(関節炎やギックリ腰、強い寝ちがえなど)や筋肉のひきつり、全身の異様なだるさなどを発生させます。

真のクーラー病とは、外側で起こる「冷え」と、内側の「うつ熱」が起こす炎症が合併した、複雑な形で発生するものなのです。この問題に対しては、外側の冷えの対策(風呂やシャワー)とともに、自分の弱い場所や熱の発生しやすい場所から、充分熱を取ってあげる事が必要です。

また日頃から、歩行や家事(クーラーを止めた部屋で)などで1日数回、思いっきり汗をかいて、身体の中の熱とよけいな物を外へ出してしまう事で、内側に将来の問題につながる火種を残さないように、うまく対処する事が大切です。